医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2021年7月20日 (火)
 RSS

韓国安山市--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 光半導体専門企業のSeoul Viosys Co., Ltd. (本社:安山市、代表理事:イ・ヨンジュ、以下「ソウルバイオシス」) は、2021年7月に高麗大学校研究チームに依頼してVioleds技術を利用して行った表面殺菌実験によって伝播力が強いデルタ型変異ウイルス(SARS-CoV-2:B.1.617.2)を1秒で99.3%殺菌(不活性化)できる試験結果を確認した。当該Violeds技術を利用したソウルバイオシスの自社空間実験室(60m3)での空気殺菌実験では、10分で90%のウイルスを減少させることができた。



ソウルバイオシスは昨年にも高麗大研究チームの殺菌実験によってVioleds技術で新型コロナウイルスをわずか30秒で99.9%殺菌できる結果を得ており、KTL(韓国産業技術試験院)との空気殺菌実験ではVioledsが60m3の空間を30分で99.0%殺菌する研究結果を確認している。

ソウルバイオシスの創業者であるソウル半導体のイ・ジョンフン代表理事は「Violeds技術は換気が難しい地下空間をはじめ、各種公共施設にも簡便に設置が可能であり、空気によるウイルス伝播を最小化することができる革新的な技術である」と述べ、「感染拡大の予防のために政府や家電メーカーが当該技術を積極的に活用し、地方自治体が積極的に支援して自営業者の苦痛を一日も早く軽減させるために緊迫感をもって行動してくれるように期待する。

Violeds技術はエアクリーナー、エアコンをはじめ、ビルのダクト(共助システム)にも設置が可能であり、オフィス空間や公共ビルでも快適な職場環境づくりに大きな役割を果たす事が期待されています。

ソウルバイオシスの関係者は「新型コロナウイルスで汚染された表面は、ウイルスが静止状態であり迅速な殺菌が比較的容易であるが、人々の飛沫が流布して生じた空気中の浮遊ウイルスは、室内空間で短時間に殺菌することが難しく、伝播感染の原因となり得る」と述べ、ソウルバイオシスの研究グループは「顧問教授たちとの多くの研究や実験によって、単にVioleds技術を換気装置への設置だけでも一日0.1ドル以下の費用でデルタ型変異ウイルスを10分間で90%以上殺菌する方法を確保できるようになった」と付け加えた。

ソウルバイオシスについて

ソウルバイオシスは、UV LEDと次世代3Dセンサー/レーザー光源のVCSEL (Vertical Cavity Surface Emitting Laser)とディスプレイ用のマイクロLED (Micro Clean Pixel)のフルラインソリューション専門企業である。2002年にソウル半導体の子会社として設立され、UV LED分野で世界1位の市場シェアを獲得しました(LEDinside,2019)。世界で唯一の紫外線(UV)から可視光線、赤外線までのすべての波長帯(200nm〜1600nm)のチップを生産してソリューションを提供し、関連技術の特許4000件以上を保有し、世界市場での優位性を先取りしている。代表的な独自技術UV LEDの「バイオレッズ(violeds)」は、有害な化学物質を使用せず、光だけを利用して殺菌・消毒(UVC)、皮膚再生(UVB)、空気・水質浄化、捕虫、植物育成など、幅広い産業分野にソリューションを提供している。同社は2018年にレイカン(RayCan)社を買収して、スマートフォンでの顔認識、自動車自律走行などをサポートする次世代VCSEL技術を確保、製品の量産を本格化した。2020年1月には、既存のディスプレイ市場に取って代わる差別化された単一ピクセルRGBのマイクロクリーンピクセル(Micro Clean Pixel)を発表した。詳細は、ソウルバイオシスのウェブサイト(www.seoulviosys.com)を参照。

バイオレッズ(Violeds)とは?

ソウルバイオシスと日本 Nitride Semiconductors、アメリカ SETiの3か国のベンチャー企業が、2002年から20年間UV LED研究開発を通して、細菌及びウイルスの種類によって波長、距離、角度、時間及びエネルギー量の最適な殺菌ソリューションを提供する技術であり、国際武器取引規定(ITAR, International Traffic in Arms Regulations)に基づき適用を受ける技術である。

ソウルバイオシスのバイオレッズ(Violeds)の安全性

1. 精密設計でUVの漏れ光を完全に遮断
2. 自社UV「光感知センサー」を開発_正常作動、紫外線の漏れの可否を感知
3. 国際安全基準の一日許容暴露量(3.1mJ/㎠)完全制御
4. 有害化学物質を使用せず、光だけで殺菌を行い、使用者への影響懸念なし

新型コロナウイルスとPhi-X174ウイルスの相関関係

ソウルバイオシスの空気殺菌実験に使用したバクテリオファージ Phi-X174(E.Coil phage Phi-X174)ウイルスは関連研究文献上では、新型コロナウイルスと殺菌(不活化)UV 吸収量が比較的類似のウイルスであり、同時に人に対して非病原性であるウイルスである。韓国国内公認試験機関である韓国産業技術院(KTL)を含めて中国の家電用電子機器研究院、米国のARE Labs (Aerosol Research and Engineering Laboratories) 等の韓国内外の公認試験機関において空気中のウイルス実験に使用されている。


Contacts

報道関係者お問い合わせ先:
日本支社:ジャパンソウル半導体株式会社
広報担当
03-5360-7391

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)

( ! ) Fatal error: Call to undefined function st_the_tags() in /home/users/1/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single-000006.php on line 91
Call Stack
#TimeMemoryFunctionLocation
10.0001220352{main}( ).../index.php:0
20.0002223184require( '/home/users/1/yakuji/web/yakujijp090910/wp-blog-header.php' ).../index.php:17
30.204530498680require_once( '/home/users/1/yakuji/web/yakujijp090910/wp-includes/template-loader.php' ).../wp-blog-header.php:16
40.205530520680include( '/home/users/1/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single.php' ).../template-loader.php:89
50.205730542216include( '/home/users/1/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single-000006.php' ).../single.php:10