医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2021年9月2日 (木)
 RSS

ロンドン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 世界的な医療技術企業であるマシモ(NASDAQ: MASI)は本日、8月31日の国際過剰服用啓発デー(IOAD)に当たり、指示通りに使用した場合でも処方オピオイドの過剰服用に伴う危険性ついての意識を高めるための取り組みと約束を発表しました。



2016年12月、通常の扁桃摘出術の後、健康な21歳のパーカー・スチュワートさんは、処方された量の半分だけオピオイドを服用し、就寝中にオピオイドの過剰服用に陥りました。悲惨なことに、彼は目を覚ますことがありませんでした。これは予防できたことです。母親のイボンヌ・ガードナーさんは、「これが問題だと知っていればよかったのに。こんなことが起こり得るなんて知りませんでした。手術の前にいろいろなことをグーグルで調べましたが、『扁桃摘出術による死亡者数』については調べませんでした。このような通常の手術がこうした結果になるなんて考えられないからです」と訴えています。

スチュワートさんの話は、世界中で毎年何万件も起きているオピオイド過剰服用による予防可能な死の一例に過ぎません1。意識向上と教育が、これ以上の死を防ぐために重要です。マシモは、IOADに敬意を表して、教育用ウェブサイト(www.OpioidSafety.org)を開設し、処方オピオイド系鎮痛剤の潜在的な副作用、リスクのある人、自分を守る方法についての情報を共有します。さらに、マシモは、IOADを創設したペニントン研究所と提携して、処方オピオイドおよび非処方オピオイドの過剰服用の有病率と影響に関する包括的な研究と報告に資金を提供することを約束しました。この報告書は無料で公開し、英国に絞った最初の報告書を2022年に公開できる見込みです。

英国国家統計局(ONS)が公表した2020年の最新データによると、イングランドとウェールズで記録された薬物関連の死亡者数は、1993年に記録を開始して以来の最高レベルに達しました。記録された2263人の死亡者のうち、約半数がオピオイド関係となっています2。オピオイドは、既に依存性が高いことが知られていますが、呼吸を遅らせたり止めたりするなどの深刻な副作用があり、心停止、脳障害、死をもたらす場合があります3。危害はオピオイドを処方通りに服用した場合でも起こることがあります4

オピオイド系鎮痛剤は、痛みを軽減するために処方され、手術中や手術後の患者、さらには慢性痛を抱える患者によく使用されています。オピオイドの処方は英国で着実に増加しており、英国では昨年だけで5000万件以上のオピオイド処方箋が書かれています2。重要なのは、処方オピオイド系鎮痛剤を服用している人の約30%が、自分がオピオイドを服用していることを分かっていないことです5。昨年、オピオイドが原因で死亡した人の数は、交通事故を上回っていました6

米国国立衛生研究所(NIHR)インペリアル・カレッジ患者安全トランスレーショナル・リサーチ・センターの患者安全ポリシー&リーダーシップ担当シニアNHSアドバイザーを務めるマイク・ダーキン医師は、次のように述べています。「処方オピオイドは、傷害から回復したり、病状を管理したりする何百万人もの人々にとって、鎮痛のための要となっています。しかし、これらの処置は、継続的にモニタリングされない場合、患者の健康に深刻なリスクを及ぼす可能性があり、時には命を失うなど、悲劇的な結果を招く場合があります。従って、オピオイド系鎮痛剤を処方された患者さんが、その副作用について理解を深め、酸素飽和度(SpO2)測定の役割など、自分自身を守るための方法について教育を受けることが欠かせません。」

公衆衛生と安全の分野で有力なペニントン研究所の最高経営責任者(CEO)であり、ロンドンを拠点とするハーム・リダクション・インターナショナルの前会長であるジョン・ライアン氏は、次のように述べています。「オピオイドの過剰服用は複数の要因によって引き起こされる複雑な問題であり、その結果、本当の規模が十分には報告されていないか、理解されていません。しかし、問題が過小報告されているからといって、問題が存在しないわけではありません。オピオイド関連死の数は年々増加し続けており、オピオイド関連の治療やケアに関する調査を改善して、現時点でのケアに足りない部分を見極め、回避可能な危害から人々を守ることが急務となっています。」

マシモの創業者でCEOのジョー・キアニは、次のように述べています。「あまりにも多くの命が失われています。多くの人は、過剰服用が違法薬物の使用や処方量以上のオピオイドの服用にのみ関係していると、すぐに想像します。事実は、パーカー・スチュワートさんは、処方量の半分しか服用していないのに、オピオイドの過剰服用で亡くなったのです。私たちは、慢性的な痛みや術後・急性期の痛みのために医療専門家の指示通りに処方オピオイドを服用している人など、オピオイドを服用している人すべてにとっての危害を防ぐ必要があります。私たちには、教育と革新を推進して、予防可能な死をなくす義務があります。」

@Masimo | #Masimo

国際過剰服用啓発デーについて

国際過剰服用啓発デー(8月31日)は、過剰服用をなくすための世界最大の年次キャンペーンで、亡くなった人を偲び、残された家族や友人の悲しみを認めるものです。オーストラリアで始まったこのキャンペーンは、世界最悪の公衆衛生上の危機の1つである過剰服用についての意識を高め、証拠に基づく過剰服用防止と薬物政策に関する行動と議論を促します。国際過剰服用啓発デーでは、薬物過剰服用による死の悲劇についてのメッセージと、薬物過剰服用が予防可能であるということを広めます。

マシモについて

マシモ(NASDAQ: MASI)は世界的な医療技術企業として、革新的な測定法、センサー、患者モニター、自動化ソリューション、接続ソリューションを含め、業界をリードする多様なモニタリング技術の開発・製造に当たっています。当社の使命は、患者転帰を向上させ、ケアのコストを削減し、非侵襲的モニタリング技術を新たな施設とアプリケーションにもたらすことです。1995年投入のMasimo SET® Measure-through Motion and Low Perfusion™(体動時・低灌流時モニタリング可能)パルスオキシメトリーは、他のパルスオキシメトリー技術より性能面で優れていることが100件を超える独立した客観的研究で示されています7。またMasimo SET®は医師が新生児における重度の未熟児網膜症を減らし8、新生児におけるCCHDスクリーニング値を改善し9、術後の病棟におけるマシモ・ペイシェント・セーフティーネット(Masimo Patient SafetyNet™)での連続的モニタリングで使用した場合、救急対応チームの実動、ICUへの移動、コストを削減する10-13ことが示されています。Masimo SET®は世界各国の主要な病院やその他の医療現場で推定2億人以上の患者に使用されており14、USニューズ&ワールド・レポート誌の2021-22年全米優良病院ランキング15において上位10病院中の9病院で最重要のパルスオキシメトリーとなっています。マシモはSET®の改善を続けており、2018年には体動時の状態におけるRD SET®センサーのSpO2精度が大幅に改善されたことを発表し、医師らが頼りにしているSpO2値は患者の生理状態を正確に反映しているとの信頼感を高めることとなりました。2005年、マシモはrainbow® Pulse CO-Oximetry技術を発表し、それまで侵襲的な手段でのみ可能であった血液成分モニタリングを非侵襲的、連続的なものとすることを可能にしました。測定できるのは、トータルヘモグロビン濃度(SpHb®)、酸素含量(SpOC™)、カルボキシヘモグロビン濃度(SpCO®)、メトヘモグロビン濃度(SpMet®)、脈波変動指標(PVi®)、RPVi™(rainbow® PVi)、予備酸素摂量指数(ORi™)です。2013年、マシモは患者モニタリング&コネクティビティ・プラットフォームRoot®を導入しました。本プラットフォームは可能な限り柔軟で拡張可能なものとなるようゼロから構築し、その他のマシモ製モニタリング技術やサードパーティー製モニタリング技術の追加を容易化しました。マシモの重要な追加技術には、次世代SedLine®脳機能モニタリング、O3®リージョナルオキシメトリー、NomoLine®サンプリングライン付きISA™カプノグラフィーが含まれます。マシモの連続モニタリング/スポットチェック製品ファミリーPulse CO-Oximeters®には、Radius-7®やRadius PPG™などのテザーレスなウエアラブル技術、Rad-67™などのポータブルデバイス、MightySat® Rxなどのフィンガーチップパルスオキシメーター、Rad-97®などの病院と自宅の両方で使用できる装置を含め、様々な臨床/非臨床シナリオで使用できるようデザインした装置があります。マシモの病院自動化/接続ソリューションはMasimo Hospital Automation™プラットフォームを中心に構成されており、Iris®Gateway、iSirona™、Patient SafetyNet、Replica™、Halo ION™、UniView®、UniView: 60™、Masimo SafetyNet™を含みます。マシモと当社製品の追加情報については、www.masimo.comをご覧ください。マシモの製品に関して発表済みの臨床研究の結果はwww.masimo.com/evidence/featured-studies/feature/でご覧いただけます。

ORiおよびRPViはFDA 510(k)承認を取得しておらず、米国では販売されていません。Patient SafetyNetの商標の使用は、ユニバーシティ・ヘルスシステム・コンソーシアムからのライセンスに基づいています。

References

  1. Opioid Overdose. World Health Organization. https://www.who.int/news-room/fact-sheets/detail/opioid-overdose.(世界保健機関、「オピオイドの過剰服用」)
  2. BMJ Newsroom (2020). Vastly differing opioid prescribing patterns in England even in similarly deprived areas. Available at: https://www.bmj.com/company/newsroom/vastly-differing-opioid-prescribing-patterns-in-england-even-in-similarly-deprived-areas/.(BMJニュースルーム(2020)、「同程度の貧困地域でもイングランドではオピオイドの処方パターンが大きく異なる」)
  3. Prescription Opioid Data. CDC Injury Center. Centers for Disease Control and Prevention.(米国疾病管理予防センター(CDC)インジャリーセンター、「処方オピオイド薬データ」)
  4. Levy N. An international multidisciplinary consensus statement on the prevention of opioid-related harm in adult surgical patients. Anaesthesia. 2021;76:520–536.
  5. National Safety Council. Prescription opioid pain killer public opinion poll. October 2017. https://www.cdc.gov/drugoverdose/deaths/prescription/index.html (安全性評議会、「処方オピオイド系鎮痛剤に関する世論調査」、2017年10月)
  6. Odds of Dying - Data Details. National Safety Council; Injury Facts, 4 Mar. 2021, injuryfacts.nsc.org/all-injuries/preventable-death-overview/odds-of-dying/data-details.(安全性評議会、「死の確率-詳細データ」(「インジャリー・ファクツ」)、2021年3月4日)
  7. パルスオキシメトリーおよびMasimo SET®の利点に関して発表済みの臨床研究は当社ウェブサイト(http://www.masimo.com)で確認可能。比較研究には、学会で発表されたアブストラクトや査読誌の論文から成る独立した客観的研究が含まれる。
  8. Castillo A et al. Prevention of Retinopathy of Prematurity in Preterm Infants through Changes in Clinical Practice and SpO2 Technology. Acta Paediatr. 2011 Feb;100(2):188-92.
  9. de-Wahl Granelli A et al. Impact of pulse oximetry screening on the detection of duct dependent congenital heart disease: a Swedish prospective screening study in 39,821 newborns. BMJ. 2009;Jan 8;338.
  10. Taenzer A et al. Impact of pulse oximetry surveillance on rescue events and intensive care unit transfers: a before-and-after concurrence study. Anesthesiology. 2010:112(2):282-287.
  11. Taenzer A et al. Postoperative Monitoring – The Dartmouth Experience. Anesthesia Patient Safety Foundation Newsletter. Spring-Summer 2012.
  12. McGrath S et al. Surveillance Monitoring Management for General Care Units: Strategy, Design, and Implementation. The Joint Commission Journal on Quality and Patient Safety. 2016 Jul;42(7):293-302.
  13. McGrath S et al. Inpatient Respiratory Arrest Associated With Sedative and Analgesic Medications: Impact of Continuous Monitoring on Patient Mortality and Severe Morbidity. J Patient Saf. 2020 14 Mar. DOI: 10.1097/PTS.0000000000000696.
  14. 推定値:マシモの社内資料
  15. http://health.usnews.com/health-care/best-hospitals/articles/best-hospitals-honor-roll-and-overview.

将来見通しに関する記述

本プレスリリースは、1995年民事証券訴訟改革法との関連で、1933年証券法第27A条および1934年証券取引所法第21E条で規定された将来見通しに関する記述を含みます。これらの将来見通しに関する記述は、当社に影響を及ぼす将来の出来事についての現時点での予測に基づいており、リスクおよび不確実性に左右され、これらのすべてが予測困難で、これらのすべてが当社のコントロールを超えており、種々のリスク要因の結果として、将来見通しに関する記述で表明された内容とは不利な形で著しく異なる結果が生じる場合の原因となり得るものです。これらのリスク要因には、臨床結果の再現性に関する当社の仮定に関連するリスク、マシモ独自の非侵襲的測定技術が良好な臨床結果と患者安全性に貢献するという当社見解に関連するリスク、マシモの非侵襲的医療技術のブレイクスルーがコスト効率に優れたソリューションと独自のメリットを提供するとの当社見解に関連するリスク、COVID-19に関連するリスクに加え、米国証券取引委員会(SEC)に提出した当社の最新報告書のセクション「リスク要因(Risk Factors)」で指摘したその他の要因が含まれますが、これらの要因に限定されません。これらの報告書はSECのウェブサイト(www.sec.gov)から無料で入手できます。当社は将来見通しに関する記述に反映された予測が合理的であると考えるものの、当社はこれらの予測が正しいと判明するかどうか判断できません。本プレスリリースに含まれる将来見通しに関する記述はすべて、全体として前記の注意書きによる明示的条件の下に成立するものです。読者の皆さまは、本日の時点についてのみ言及しているこれら将来見通しに関する記述に過度の信頼を寄せないようお願いします。当社はこれらの記述または当社がSECに提出した直近の報告書に含まれる「リスク要因」について、新規の情報、将来の出来事、その他の結果に関係なく、適用される証券法で求められる場合を除き、更新・修正・説明する義務を何ら負いません。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Masimo
Evan Lamb
949-396-3376
elamb@masimo.com

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)

( ! ) Fatal error: Call to undefined function st_the_tags() in /home/users/1/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single-000006.php on line 91
Call Stack
#TimeMemoryFunctionLocation
10.0001220144{main}( ).../index.php:0
20.0002222976require( '/home/users/1/yakuji/web/yakujijp090910/wp-blog-header.php' ).../index.php:17
30.273030542960require_once( '/home/users/1/yakuji/web/yakujijp090910/wp-includes/template-loader.php' ).../wp-blog-header.php:16
40.274130564976include( '/home/users/1/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single.php' ).../template-loader.php:89
50.274330586488include( '/home/users/1/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single-000006.php' ).../single.php:10