医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2022年1月20日 (木)
 RSS

英オックスフォード--(BUSINESS WIRE)--オックスフォード大学のシャーロット・ディーン教授(Ph.D.)が、バイオ医薬品AI担当主任科学者としてエクセンシアに参加しました。ディーン教授はこの新設の役職として、新薬候補の創薬・開発への人工知能(AI)、機械学習、タンパク質構造設計の適用に力点を置いて活動していきます。


ディーン教授は、エクセンシアの技術幹部陣に加わり、最高技術責任者(CTO)のGarry Pairaudeau直属となります。ディーン教授は、英国の最も大成した生物情報学者の1人です。オックスフォード大学で数々の上級職を歴任し、現在は構造生物情報学教授として、同大学のタンパク質情報学グループを率いています。エクセンシアでの役職に加えて、これらの役職を維持します。これ以前は、英国研究・イノベーション機構(UKRI)で工学・物理科学研究会議の常勤副議長を務めていました。COVID-19パンデミックの際には、UKRIのCOVID対応責任者として積極的な役割を果たし、英国政府の緊急時科学諮問グループSAGEのメンバーも務めました。ディーン教授は、オックスフォード大学で化学の学士号を取得し、ケンブリッジ大学で生化学の博士号(Ph.D.)を取得しています。

エクセンシアの創設者で最高経営責任者(CEO)のアンドリュー・ホプキンス博士(DPhil.)は、次のように述べています。「構造生物情報学における世界随一の専門家の1人であり、治療薬設計への機械学習アプローチで評価されているリーダーであるディーン教授をエクセンシアのチームに迎えることができ、私たちは光栄です。ディーン教授は、生物情報学の有力研究者としての20年以上に及ぶ学界での経験を持ち寄ってくれます。タンパク質構造と相互作用ネットワークの分野でソリューションを開発してきたその先駆的な研究は、幾つかの世界有数の医療機関がスポンサーとなっており、構造に基づく設計のための新規のアルゴリズムとツールの開発につながりました。新薬候補の設計に機械学習とタンパク質構造を統合するというディーン教授の意欲は、患者の皆さまのためにできる限り最良の医薬品をより早く作るというエクセンシアの使命をさらに推進することに役立つと確信しています。」

シャーロット・ディーン教授(Ph.D.)は、次のように述べています。「エクセンシアに参加し、新たな治療法の開発方法に革命を起こすという使命の一翼を担えることを非常にうれしく思います。AIを活用した戦略は、このプロセスのあらゆる側面を改善するために不可欠であると確信しており、私たちはおそらく、AIが従来の医薬品の創薬・開発を変えることができる状況の端緒を見たに過ぎないでしょう。この革新成果を応用して、最終的により優れた医薬品をより早く患者の皆さまに届けられる新たな地平を開拓できるものと期待しています。」

エクセンシアについて

エクセンシアはAIを駆使した製薬技術企業として、最も迅速かつ効果的な方法で最善の医薬品を発見・設計・開発することに傾倒しています。エクセンシアは、史上初の機能的な精密腫瘍学プラットフォームを開発して、治療法の選択を導き、前向き介入臨床研究で患者の転帰を改善することに成功するとともに、AI設計の低分子を臨床環境に進めました。当社パイプラインから、科学的概念を精密設計された治療薬候補に迅速に転換する当社の能力が分かります。現在25件以上のプロジェクトが進められており、その1つとして、最初の3つのAI設計の医薬品候補が第1相臨床試験に入ります。

エクセンシアはオックスフォード、ウィーン、ダンディー、ボストン、マイアミ、大阪に事業所を持っています。詳細情報についてはhttps://www.exscientia.aiをご覧いただくか、ツイッター(@exscientiaAI)で当社をフォローしてください。

将来見通しに関する記述

本プレスリリースには、1995年米国民事証券訴訟改革法の「セーフハーバー」条項の意味における一定の「将来見通しに関する記述」が含まれています。これらには、当社の経営陣に関するエクセンシアの期待に関する記述が含まれます。「予想する」、「考える」、「期待する」、「意図する」、「計画する」、「見込む」、「将来」などの単語や類似の表現は、将来見通しに関する記述であることを示す意図があります。これらの将来見通しに関する記述は、将来の結果や状況を予測する際につきものの不確実性を伴うものであり、上述のAI支援精密医療プラットフォームが、末期血液がん患者を含む個々の患者にとって、どの治療が最も効果的であるかの提案に成功することを保証するものではありません。個々の患者に標的療法を適合させるプラットフォームの成功は、多くの要因の影響を受けるものであり、その多くは生存可能な細胞を採取する医療提供者の能力および前治療のおかげで奏功する患者の能力など(これらに限定されない)、エクセンシアの管理を超えます。エクセンシアは、新しい情報、将来の出来事、その他の結果にかかわらず、法律で義務付けられている場合を除き、いずれの将来見通しに関する記述についても、公に更新または修正する義務を負いません。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Investors:
Sara Sherman
investors@exscientia.ai

Media:
Amanda Galgay
media@exscientia.ai

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)

( ! ) Fatal error: Call to undefined function st_the_tags() in /home/users/1/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single-000006.php on line 91
Call Stack
#TimeMemoryFunctionLocation
10.0001220144{main}( ).../index.php:0
20.0002222976require( '/home/users/1/yakuji/web/yakujijp090910/wp-blog-header.php' ).../index.php:17
30.217030507000require_once( '/home/users/1/yakuji/web/yakujijp090910/wp-includes/template-loader.php' ).../wp-blog-header.php:16
40.218530529000include( '/home/users/1/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single.php' ).../template-loader.php:89
50.218830550512include( '/home/users/1/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single-000006.php' ).../single.php:10