医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2022年7月5日 (火)
 RSS

センサー・クラウド・ネットワークの連携組織は、高品質なデータとデータサイエンスを融合し、迅速な発見の加速と患者治療の向上に貢献


ニューヨーク--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- ダッソー・システムズ傘下のメディデータは、非常に革新的な10組織が当社の画期的なセンサー・クラウド・ネットワークに参加したと発表しました。アライブコー、オーラル・アナリティクス、バイオビート、ブルー・スパーク・テクノロジーズ、グルーコ、インディー・ヘルス、アリゾナ大学、カーネギーメロン大学、ロチェスター大学、バーモント大学が、センサー統合、センサーデータの標準化、新規デジタルバイオマーカーおよびアルゴリズムの開発に関する課題の解決に傾注する初の分野横断的協業に参加することになりました。これらの活動は、患者にとってより効果的な治療と医療の改善につながり得る新しいデジタルエンドポイントの創出に貢献することになります。

センサー・クラウド・ネットワークには、開発業務受託機関(CRO)、デバイスメーカー、医薬品・ワクチン開発企業、分析企業、学術機関が参加しており、データ科学者が臨床的意味を持つ生理学的アルゴリズムを大規模に改良・試験・提供するための機会を創出しています。歩行のような精緻な運動パラメーター、心血管メトリクス、代謝に関する洞察的知見、臨床グレードの音声分析などが、その例となります。

メディデータのデジタルバイオマーカーソリューション担当バイスプレジデントであるBen Schlatkaは、次のように述べています。「臨床試験におけるセンサーの利用は、2025年までに50%に達すると予測されており1、当社はメディデータ・センサー・クラウドを医療グレードのセンサーデータの収集・分析における業界標準にすることに傾注しています。私たちは、多様なパートナーのグループと協力し、患者データの収集・解析の未来を形作ることに貢献するとともに、センサー・クラウドをさまざまな治療分野での新しいデジタルバイオマーカーの開発にとって最適なプラットフォームとするための活動ができることを大変うれしく思います。」

センサー・クラウド・ネットワークの最新パートナーからのコメント:

FDA認可パーソナル心電計(ECG)技術の有力な革新的企業であるアライブコーグローバルバイオファーマ担当バイスプレジデントのAman Bhatti氏(M.D.)は、次のように述べています。「アライブコーは、メディデータ・センサー・クラウド・ネットワークに参加することで、さまざまな重篤疾患の臨床試験へのアクセスの促進・拡大に貢献できることをうれしく思います。メディデータとアライブコーは、心臓の健康に関する重要なデータを遠隔で収集・共有するための信頼できる方法を提供することで、臨床研究に誰もが参加できるようにしています。」

世界各地で幅広い年齢層を対象に音声の臨床的有用性を活用する神経科学業界大手のオーラル・アナリティクスのジュディ・スマイス最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「オーラル・アナリティクスは、メディデータのような業界大手と提携できることを喜ばしく思っています。メディデータの革新的なプラットフォームに当社技術が搭載されることで、音声収集・分析の当社能力が大幅に強化されることになります。」

患者モニタリングの分野で独自の健康AI関連能力を持つ医療技術企業のバイオビートのアリク・ベン・イシェイCEOは、次のように述べています。「当社は、患者データの収集を改善すべく、AIの力を活用した遠隔患者モニタリング技術によって分散型臨床試験(DCT)プロセスを共同で支援・推進するにあたり、メディデータおよびそのパートナーと連携することに大変期待しています。」

ウエアラブル医療機器ソリューションの革新的企業であるブルー・スパーク・テクノロジーズの社長兼CEOであるジョン・ギャノン氏は、次のように述べています。「ブルースパークは、メディデータ・センサー・クラウド・ネットワーク初のメンバーの1つになれることを大変うれしく思います。当社のウエアラブル無線連続体温モニタリングプラットフォームTempTraqを組み込むことで、研究者はセンサー・クラウド・ネットワークに直接供給されるリアルタイムの連続体温データにアクセスすることができます。TempTraqは、標準治療よりも最大18時間早く発熱を検出できることが臨床的に示されています。」

AI/MLアルゴリズムを使用して精密なエンゲージメントを実現し、ケアを変革し、臨床研究を加速させるデジタルヘルス企業グルーコの最高執行責任者(COO)であるKomathi Stem氏は、次のように述べています。「当社は、メディデータのセンサー・クラウド・チームと提携し、ライフサイエンス組織がグルーコのコネクテッド・リサーチ・プラットフォームを使用して、世界規模の臨床試験を以前にも増して容易に実施できるようにすることを大変うれしく思います。これにより、研究者はデジタルエンドポイントを収集すると同時に患者の臨床試験体験を改善するという利益が得られ、最終的にはあらゆる病態に対する新規治療薬の開発の一層の効率化につながります。」

分散型臨床試験と遠隔患者モニタリングを無理のない負担で簡単に利用でき、拡張可能性と信頼性を備えたものにするインディー・ヘルスのCEOであるクリント・マクレラン氏は、次のように述べています。「メディデータ・センサー・クラウド・ネットワークとの今回の提携は独自のものであり、当社は発表できることを大変うれしく思います。両社とも、分散型データ収集によって臨床研究を在宅での実施に移行させることが業界の質を高め、治療全体の改善につながると考えています。」

バーモント大学MSenseグループのヘッドを務めるライアン・マクギニス博士は、次のように述べています。「当学は、メディデータ・センサー・クラウド・ネットワークで利用可能なツールと技術を活用し、多発性硬化症患者集団における転倒リスク検出アルゴリズムの開発における作業を前進・加速させています。多発性硬化症は、世界中で230万人が罹患し、そのうち50%は生活の質に悪影響を与える転倒を経験します。センサー・クラウド・ネットワークにより、当学は遠隔環境で大規模に患者報告転帰と医療グレードのウエアラブルデータの組み合わせを追求して、この問題に対する理解を深め、デジタル介入の手法を開発することができます。」

センサー・クラウド・ネットワークの詳細については、こちらをご覧ください

メディデータはダッソー・システムズの完全所有子会社です。3Dエクスペリエンス(3DEXPERIENCE)プラットフォームを擁するダッソー・システムズは、研究から商業化までの初のエンドツーエンド科学/事業プラットフォームにより、個別化医療時代の生命科学のデジタル変革をリードする立場にあります。

  1. Y. Jansen and G. Thornton, “Wearables & Big Data In Clinical Trials — Where Do We Stand?,” Clinical Leader, February 2020.(臨床試験におけるウエアラブルとビッグデータ - 現状はいかに) https://www.clinicalleader.com/doc/wearables-big-data-in-clinical-trials-where-do-we-stand-0001.

メディデータについて

メディデータは生命科学のデジタル変革をリードし、何百万人もの患者に希望をもたらしています。メディデータは、製薬、バイオ技術、医療機器、診断薬・機器の企業や学術研究者が価値を高め、リスクを最小化し、結果・成績を最適化する上で役立つ証拠と洞察的知見の生成を支援しています。2000社以上の顧客とパートナーの100万人以上の登録利用者が、臨床開発・商業・実臨床のデータのための世界で最も信頼されているプラットフォームを利用しています。ダッソー・システムズ(Euronext Paris:FR0014003TT8、DSY.PA)傘下のメディデータは、ニューヨーク市に本社を置き、世界各地に事業所を構えて、顧客ニーズに対応しています。詳細については、www.medidata.comをご覧になり、当社(@Medidata)をフォローしてください。

ダッソー・システムズについて

3Dエクスペリエンス企業のダッソー・システムズは、人間の進歩を促進しています。企業や個人に協調的3D仮想環境を提供し、持続可能な革新成果を想像できるようにしています。当社の3Dエクスペリエンスのプラットフォームとアプリケーションで実世界のバーチャルツイン体験を創り出すことで、お客さまは革新、学習、生産の限界を押し広げ、患者、市民、消費者にとってより持続可能な世界を実現することができます。ダッソー・システムズは、140カ国以上のあらゆる規模と業種の30万以上のお客さまに価値をもたらしています。詳細情報については、www.3ds.comをご覧ください。

3DEXPERIENCE、Compassのアイコン、3DSのロゴ、CATIA、BIOVIA、GEOVIA、SOLIDWORKS、3DVIA、ENOVIA、NETVIBES、MEDIDATA、CENTRIC PLM、3DEXCITE、SIMULIA、DELMIA、IFWEは、フランスの「欧州会社」(ヴェルサイユ商業登記所登記番号B 322 306 440)であるダッソー・システムズまたは米国および/またはその他の国々における当社子会社の商標または登録商標です。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Tom Paolella
Senior Director, Corporate Communications & Affairs
+1-848-203-7596
thomas.paolella@3ds.com

Paul Oestreicher
External Communications Director
+1-917-522-4692
paul.oestreicher@3ds.com

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)

( ! ) Fatal error: Call to undefined function st_the_tags() in /home/users/1/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single-000006.php on line 91
Call Stack
#TimeMemoryFunctionLocation
10.0001220144{main}( ).../index.php:0
20.0002222976require( '/home/users/1/yakuji/web/yakujijp090910/wp-blog-header.php' ).../index.php:17
30.227530533000require_once( '/home/users/1/yakuji/web/yakujijp090910/wp-includes/template-loader.php' ).../wp-blog-header.php:16
40.228530555024include( '/home/users/1/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single.php' ).../template-loader.php:89
50.228730576536include( '/home/users/1/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single-000006.php' ).../single.php:10