医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2022年7月8日 (金)
 RSS

アマゼンティスとスクリップス・リサーチの科学者による新研究は、ウロリチンAが関節の構造的損傷に有益な効果をもたらし、可動性を改善することを示すものであり、エージング・セル誌に掲載される

健康なドナーや変形性関節症(OA)ヒト患者の細胞とOAマウスの関節を用いた試験で、ミトコンドリアの健康向上に関連する改善を示す

スイス・ローザンヌ & サンフランシスコ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- スイス連邦工科大学(EPFL)のスピンオフ企業で、細胞の健康と栄養における科学的ブレークスルーを開拓しているアマゼンティスは本日、査読誌のエージング・セルに、腸内微生物叢ポストバイオティクス「ウロリチンA(UA)」の関節健康効果を示す新しい前臨床試験の結果が掲載されたと発表しました。これは、変形性関節症(OA)の実験モデルにおいて、化合物がミトコンドリアの健康を改善することが示された初めての例です。



この研究は、アマゼンティスの専有的なウロリチンAであるマイトピュアによる治療が、健康な膝関節と変形性関節症の膝関節の両方から採取したヒト軟骨細胞においてミトコンドリアの健康を著しく改善することを示しました。また、マイトピュアを8週間にわたり摂取することで、実験モデルにおける変形性関節症の疾患進行を抑制することが示されました。

これらの知見は、関節とミトコンドリアの健康に対するマイトピュアの効果を浮き彫りにするものです。マイトピュアは、加齢の過程で、細胞のエネルギー生産所であるミトコンドリアを更新する細胞の能力を支えることで機能します。この変化は、変形性関節症など、さまざまな組織における加齢関連の問題と関連しています。

これまでの研究で、マイトピュアは高齢者と中年者の両方のヒト集団において、ミトコンドリアの健康と筋肉機能を改善できることが示されています。今回の新しい論文では、これらの効果を膝などの重要な関節の細胞にも拡大するものです。変形性関節症は加齢に伴う最も一般的な関節疾患であり、軟骨やその他の組織の劣化、激しい痛み、運動機能の低下を特徴とします。

本論文の筆頭著者で、米国カリフォルニア州にあるスクリップス・リサーチの分子医学教授のマーティン・ロッツ教授(MD)は、次のように述べています。「変形性関節症は、痛みを伴い、世界中の何億人もの高齢者の運動能力を制限する疾患であり、現時点で治療に有効な解決策はありません。私たちは、ウロリチンAを変形性関節症の前臨床モデルで試験ましたが、炎症を低減するとともにミトコンドリアの健康を改善する潜在力は、加齢の過程で膝の健康と生活の質を支える有望な解決策となる可能性を示しています。」

本論文の筆頭著者でアマゼンティスのR&Dグループリーダーのダビデ・ダミコは、次のように述べています。「この研究は、ウロリチンAが生きた関節組織のミトコンドリアの健康を向上できることを初めて示したものであり、重要かつ刺激的です。これは、生涯を通じて健康的に機能する関節を維持する上で、マイトファジーが重要な役割を果たすことを明らかにするものです。」

本研究において、マイトピュアは、健康なドナーと変形性関節症患者の両方の軟骨細胞に対して、2つの重要かつ有益な効果を示しました。

  • イメージングと分子生物学的アッセイにより評価したところ、老化し損傷したミトコンドリアのリサイクル(マイトファジー)を著しく誘導した。
  • ミトコンドリア呼吸として測定されるミトコンドリアの活性、すなわちこの細胞小器官が酸素を消費し、細胞のエネルギーを生産する能力を著しく増加させた。

研究の第2部では、変形性関節症の前臨床モデルに対するマイトピュアの2カ月間にわたる補給の効果に着目しました。このモデルは、変形性関節症に苦しむ人々が経験するのと同じ症状、すなわち軟骨の進行性損傷、痛みと炎症の増加を模倣するものです。

  • 病理学者による膝関節の切片の分析では、マイトピュアの補給が関節組織の劣化を減少させることが示された。
  • マイトピュア補給はまた、変形性関節症に関連した脚の痛みを減らし、疾患モデルに対して穏やかな抗炎症作用を及ぼした。
  • 最後に、マイトピュア投与後の関節の健康向上は、衰弱したミトコンドリアの除去(マイトファジー)の割合の向上や、新しく機能的なミトコンドリアの再生が増加するなど、ミトコンドリアの健康状態が著しく向上することと関連していた。

アマゼンティスの最高経営責任者(CEO)で共同設立者のクリス・リンシュは、次のように述べています。「ウロリチンAの健康への応用に関する証拠を関節の健康へと拡大するためにスクリップス・リサーチと連携するとは、素晴らしいことでした。筋肉と関節の両方に有効な化合物と作用機序を目の当たりにして、感激しています。私たちは引き続き、人々の健康に有意義な影響を与えることが臨床的に証明された製品の提供に傾倒していきます。」

今回の結果は、マイトピュアが加齢に伴う疾患に対して有効であることを示す証拠が増えている中で、こうした証拠を増やすものであり、重要な意味を持ちます。最近の研究では、マイトピュアは健康な高齢者と過重体重の中年の両被験者において、ミトコンドリアの健康を改善し、加齢に伴う筋肉機能の低下に対抗できることが示されました。加えて、最新の研究は、筋肉と関節の両方におけるウロリチンAの有益な複合作用を裏付けています。

Doi: 10.1111/acel.13662

アマゼンティスについて

アマゼンティスは革新的なライフサイエンス企業として、今日の先導的な研究と臨床科学を動員して、ミトコンドリアの健康を目標とした次世代製品を開発し、高度な栄養の実現に取り組んでいます。アマゼンティスはネイチャー・メディシン(doi:10.1038/nm.4132)、ネイチャー・メタボリズム(doi: 10.1038/s42255-019-0073-4)、JAMA Network Open(doi:10.1001/jamanetworkopen.2021.44279)、Cell Reports Medicine (Doi: 10.1016/j.xcrm.2022.100633)、European Journal of Clinical Nutrition(https://doi.org/10.1038/s41430-021-00950-1)などの最有力査読誌でウロリチンA製品のマイトピュア(Mitopure®)に関する研究を発表してきました。当社はネスレ ヘルスサイエンスと世界的な戦略的提携関係を構築しており、ミトコンドリアや細胞の健康に関連したマイトピュアのヘルスアプリケーションの拡大に当たっています。アマゼンティスの詳細情報については、www.amazentis.comをご覧ください。

マイトピュアについて

マイトピュア(Mitopure®)は高純度のウロリチンAです。ウロリチンAは、ザクロなどの特定食品を食べた時に腸内細菌によって産生される食物代謝産物として生理活性を持ちます。ただし大半の人々にとって、この特殊な栄養成分を食品のみから十分に摂取することは困難です。マイトピュアは、老化し傷ついたミトコンドリアを細胞から取り除き、健康なミトコンドリアが成長できるようにするためのプロセスであるマイトファジーを促進することで、ミトコンドリア機能を改善することが示されています。マイトピュアは米国食品医薬品局(FDA)による審査で有利な結果が得られており、GRAS(一般に安全と認められる)成分申請に対して安全であると見なされています。マイトピュアは栄養補助食品としてヒトでの使用を支える前臨床と臨床の評価が広範に行なわれています。詳細情報についてはwww.mitopure.comをご覧ください。

タイムラインについて

タイムライン(Timeline®)は、マイトピュアの発明者が提供しています。この斬新で科学ファーストの栄養ブランドは、妥協のない研究によって、細胞の健康を最適化するための臨床的に検証された栄養製品の新しいクラスを切り開くことができるという信念に基づいて、アマゼンティスが開発したものです。詳細情報については、www.timelinenutrition.comをご覧ください。

関連リンク

https://www.amazentis.com

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Federico Luna
Chief Marketing Officer, Amazentis
press@amazentis.com

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)

( ! ) Fatal error: Call to undefined function st_the_tags() in /home/users/1/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single-000006.php on line 91
Call Stack
#TimeMemoryFunctionLocation
10.0001220144{main}( ).../index.php:0
20.0002222976require( '/home/users/1/yakuji/web/yakujijp090910/wp-blog-header.php' ).../index.php:17
30.198630520184require_once( '/home/users/1/yakuji/web/yakujijp090910/wp-includes/template-loader.php' ).../wp-blog-header.php:16
40.199530542232include( '/home/users/1/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single.php' ).../template-loader.php:89
50.199730563744include( '/home/users/1/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single-000006.php' ).../single.php:10