医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2015年3月10日 (火)
 RSS







【保険薬局への訪問実態】

訪問件数トップ「第一三共」、訪問の質トップ「中外製薬」、訪問件数×質トップ「第一三共」
【病院への訪問実態】
訪問件数トップ「大塚製薬」「第一三共」、訪問の質トップ「大鵬薬品工業」、訪問件数×質トップ「第一三共」


調   査   期   間:2015年1月5日~1月25日
調査対象 (サンプル数) :399名(保険薬局:297名 病院・診療所・クリニック:102名)
              累計回答数:680名(保険薬局薬剤師:508名 病医院薬剤師:172名)
調   査   方   法:WEBアンケート
調 査 実 施 機 関  :(株)ネグジット総研 MMPR







2015年1月度、保険薬局に対する製薬企業の訪問実態は、
「訪問件数」は、「第一三共」(13.5%)が最も高く、次いで「MSD」(12.1%)と続く。
「製薬企業訪問者の好印象率」は、「中外製薬」(53.8%)が最も高く、次いで「アボット ジャパン」(50.0%)と続く。
「好印象度」は、「第一三共」(6.4%)が最も高く、次いで「杏林製薬」(5.4%)と続く。

好印象度を与えた内訳では、
「製品情報の提供(新薬)」は、「武田薬品」(3.7%)が最も高く、次いで「MSD」「大塚製薬」「杏林製薬」(2.0%)と続く。
「製品情報の提供(後発品)」は、「東和薬品」(3.0%)が最も高く、次いで「Meiji Seika ファルマ」(1.3%)と続く。
「製品情報の提供(その他)」は、「グラクソ・スミスクライン」(3.4%)が最も高く、次いで「第一三共」(2.7%)と続く。
2015年1月度、病医院に対する製薬企業の訪問実態は、
「訪問件数」は、「大塚製薬」「第一三共」(37.3%)が最も高く、次いで「ファイザー」(34.3%)と続く。
「製薬企業訪問者の好印象率」は、「大鵬薬品工業」(40.0%)が最も高く、次いで「旭化成ファーマ」「味の素製薬」
(30.0%)と続く。
「好印象度」は、「第一三共」(13.7%)が最も高く、次いで「MSD」「大塚製薬」「武田薬品」(8.8%)と続く。

好印象度を与えた内訳では、
「製品情報の提供(新薬)」は、「MSD」「武田薬品」(6.9%)が最も高く、次いで「大塚製薬」(5.9%)と続く。
「製品情報の提供(後発品)」は、「ファイザー」(3.9%)が最も高かった。
「製品情報の提供(その他)」は、「第一三共」「大鵬薬品工業」(3.9%)が最も高く、次いで「アステラス製薬」「エーザイ」
「MSD」(2.9%)と続く。




 
 
 プレスリリース詳細はこちらをご覧ください。






 本調査レポート「製薬企業訪問実態調査レポート」を販売しております。

 詳細・お申込みはこちらのサイトまで 「薬剤師調査リサーチデータサイト」





 本件に関するお問合せ先

 株式会社ネグジット総研 MMPR部
 担当:山下/池田
 TEL:078-393-2162 FAX:078-393-2180




続きを読む…

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)

Fatal error: Call to undefined function st_the_tags() in /home/sites/heteml/users/y/a/k/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single-000007.php on line 82