医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2020年4月7日 (火)
 RSS

サーモがヒドロキシクロロキンの有効性、予防療法での使用の拡大、80%以上による第2波の流行の予測を報告

ニューヨーク--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 混乱の拡大、相矛盾する報告、一貫性のない試験、既存薬および実験薬の適応外使用により、現場からの情報の単一の情報源の不在がもたらされています。一元的で動的な知識基盤を作成すべく、世界最大の医療調査企業で医師向けソーシャルプラットフォームを提供するサーモがその能力を活用して、30カ国の医師6200人以上を対象とするCOVID-19調査の結果を公表しました。本調査は3日間で完了しました。データは現在の治療・予防療法選択肢、流行ピークの時期、倫理的選択肢、政府対応の有効性などに及んでいます。治療法のより緻密な調査など、2回目以降の複数の調査を今後数週間にかけて実施します。結果と調査国を確認するにはsermo.comをご覧ください。


サーモ・リアルタイム・バロメーターによる重要知見*:

治療法と有効性

  • COVID-19治療者が最も多く処方した上位3つは、鎮痛薬(56%)、アジスロマイシン(41%)、ヒドロキシクロロキン(33%)。
  • COVID-19治療者によるヒドロキシクロロキン使用の割合は、スペインで72%、イタリアで49%、ブラジルで41%、メキシコで39%、フランスで28%、米国で23%、ドイツで17%、カナダで16%、英国で13%、日本で7%。
  • ヒドロキシクロロキンは全体として、15の選択肢の中でCOVID-19治療者が最も効果的な療法として選択(COVID-19治療者の37%)。
    • スペインで75%、イタリアで53%、中国で44%、ブラジルで43%、フランスで29%、米国で23%、英国で13%。
  • ヒドロキシクロロキンの最も一般的な治療レジメン2種は下記の通り。
    • 1日目に400mg を1日2回、5日間にわたり400mg を1日1回(38%)
    • 1日目に400mg を1日2回、4日間にわたり200mgを1日2回(26%)
  • 米国以外においてヒドロキシクロロキンは軽度から重度の症状と診断された患者に同等に使用された一方、米国では高リスクと診断された患者での使用が最も一般的であった。
  • 世界全体では、医師の19%が高リスク患者にヒドロキシクロロキンを処方ないし予防使用、8%が低リスク患者に使用。

流行の第2波

  • 2回目の世界的流行を予測しているのは、世界全体の医師の83%、米国の医師の90%だが、中国では医師の50%のみ。

検査日数の平均

  • 米国では検査に平均で4~5日かかり、症例の10%では待ち日数が7日間以上。
  • 米国の医師の14%、全欧州および日本の医師の50%以上が24時間以内に検査結果を得ていると報告、中国の医師の73%が24時間以内に検査結果を得ている一方、8%が1時間以内に検査結果を得ている。

人工呼吸器が不足した場合の治療の優先付け

  • 中国以外のすべての国で、人工呼吸器を先に受けるべき対象の決定で優先する基準は最も高い回復見込みのある患者(47%)で、これに最重症患者および死亡リスクが最大の患者(21%)、初期対応者(15%)が続く。
    • 中国では優先順位が逆で、最重症患者および死亡リスクが最大の患者が人工呼吸器を受けた。
  • 米国では初期対応者が最重要であった。
  • フランス、日本、イタリアは年齢で優先付けした。
  • ブラジルとロシアはより高リスクの患者を優先した。

ピーク時期と制限期間

  • 米国では、医師の63%が制限期間を現状より6週間以上引き上げることを推奨し、66%はピークが最低3~4週間先であるとの見解。

完全な調査手法についてはこちらをクリックしてください。

サーモのピーター・カーク最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「これは政策決定者にとって世界規模の詳細な知見の宝庫となります。医師はこの世界的流行病に対処する方法についてより発言権を持つべきだし、他の人々や世界と迅速に情報を共有できなければなりません。一部の国ではメディアと医療界に対する検閲があり、偏りがあって不十分なデザインの調査と相まって、この世界的流行病に対する解決策に遅れが生じています。私たちは世界中の医師が政策決定者、その同僚、公衆に対する情報提供に貢献してくれるようお願いします。」

* 結果は医師による観察情報を提供するものですが、公式医療指針に取って代わるものではありません。

調査手法

結果は最低サンプルサイズを250人として、個々の国ごとに報告しています。こうしたサンプルサイズは94%の信頼水準で+/- 6%の精度の推定値をもたらします。本調査の対象となった30カ国は、米国、カナダ、アルゼンチン、ブラジル、メキシコ、ドイツ、イタリア、英国、フランス、スペイン、ベルギー、オランダ、スウェーデン、トルコ、ポーランド、ロシア、フィンランド、アイルランド、スイス、オーストリア、デンマーク、ノルウェー、ギリシャ、台湾、日本、韓国、オーストラリア、中国、インド、香港です。回答者には報奨が与えられていません。完全な調査手法

サーモについて

サーモは最大の医療データ収集企業であり、医師向けソーシャルプラットフォームを提供しており、150カ国の医療専門家130万人へのリーチを持っています。本プラットフォームにより、医師らは実臨床の医療について匿名で語り、当社の専有的な医薬品評価プラットフォームを通じて治療選択肢を評価し、患者症例を集団で解決するとともに、医療市場調査に参加できます。詳細情報についてはsermo.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Media:
Niki Franklin
Racepoint Global on behalf of Sermo
+1 617 624 3264
Sermo@racepointglobal.com

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)

Fatal error: Call to undefined function st_the_tags() in /home/sites/heteml/users/y/a/k/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single-000006.php on line 91