医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2020年10月16日 (金)
 RSS

協業により、クラウドとデータ駆使型の洞察的知見を活用して、医薬品開発を加速し、業務の俊敏性を向上させ、技術経費を削減し、今後の労働力を開発

大阪 & ニューヨーク & シアトル--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 武田薬品工業株式会社(TSE: 4502/NYSE: TAK)(「武田薬品」)、アクセンチュア(NYSE:ACN)、アマゾン ウェブ サービス(AWS)は、武田薬品のデジタル変革を促進するための5カ年の戦略的契約を締結しました。


患者は、バリューチェーンにおけるスピード、俊敏性、洞察力を向上させる武田薬品の対応能力から利点を得るだけでなく、お客さま、従業員、パートナーも恩恵を受けることになります。この長期的な協業により、プラットフォームの最新化、データサービスの促進、革新のための内部エンジンの確立、武田薬品の従業員に対する新しい技能と働き方の提供を通じ、武田薬品のクラウド駆使型のビジネス変革を促進していきます。

武田薬品の社長兼最高経営責任者(CEO)であるクリストフ・ウェバーは、次のように述べています。「3つの組織の力を動員することで、武田薬品は人々の健康、技術、ビジネスの成長が交錯する領域に立つという大胆な取り組みに乗り出します。私の展望は、10年以内に、武田薬品のすべての従業員が人工知能の補助で力を高め、意思決定を改善し、患者さん、医師、支払者に以前にも増して迅速に変革力のある治療法とより良い体験を提供できるようにすることです。アクセンチュアおよびAWSの協力により、当社単独のとき以上に武田薬品が前進し、この展望を実現できるようになるでしょう。」

クラウドファーストの技術手法を採用することで、拡張性・信頼性・セキュリティーを高めたアーキテクチャーを創出して、不要な統合活動を排除できるようになります。武田薬品は、アプリケーションの80%をクラウドに移行することで、差別化されていない技術を移転し、社内データセンターの設置面積を低減するとともに、設備投資を削減していきます。

AWSの最高経営責任者を務めるアンディ・ジャシーは、次のように述べています。「業界で最も包括的なクラウドサービスのセットを活用することで、武田薬品のような革新企業は、コスト、洞察的知見の取得と創薬までの時間を削減し、患者の体験を改善できます。幅広く奥深いAWSサービスにより、武田薬品はセキュリティーと各種規則を順守しながら、治療薬を迅速・効率的に創薬・開発・製造することができます。武田薬品が命を救うためのアクセス可能で有望な新しい治療法を実現すべく革新している中で、私たちは同社との協力を続けられることに感激しています。」

データサービスとデータ機能の提供を促進することで、武田薬品はライフサイエンスのエコシステムや外部パートナーとの連絡や連携がしやすくなります。例えば、この協業により既に、武田薬品はCOVID R&Dアライアンスのために、5日未満でクラウドを開設して活用し、セキュリティーの確保されたデータ共有、臨床試験推進プラットフォームを実現できました。クラウドがなければ、プラットフォームの設立には最大3カ月がかかったでしょう。

さらに、当社の血漿由来治療製品部門は複雑な希少疾患の患者の命と生活を守るための必須治療薬を開発していますが、デジタル接続された最先端の献血センターを創設し、ドナー体験における最新技術の採用と血漿採取プロセスの最適化を進めています。2024年までに血漿の採取・生産能力を少なくとも65%増大させるという武田薬品の計画は、必須医薬品へのアクセスを拡大し、患者にとっての新しい治療法を促進するためのものです。

アクセンチュアの最高経営責任者(CEO)であるジュリー・スウィートは、次のように述べています。「クラウドの割合を80%にするクラウドファースト企業になるという武田薬品の大胆な取り組みは、患者にとっての治療法を促進することから、従業員の力を新しい働き方で高め、新しい雇用を創出し、デジタル分野における人々の技能を高め、パブリッククラウドに移行することの持続可能性上の利点まで、変革があらゆる人々に利点をもたらす様を示す​素晴らしい例です。当社は武田薬品およびAWSと提携して、このビジョンを迅速・大規模に実現できることを誇りに思います。」

武田薬品は、今後3年間にわたり、データとデジタルの新しい分野で数百件の専門職の新規雇用を創出し、新しい人材プールにアクセスし、数千人の従業員の技能を向上させて、当社のデータ能力とデジタル能力を促進できるものと期待しています。

武田薬品工業株式会社について

武田薬品工業株式会社(TSE: 4502/NYSE: TAK)は、日本に本社を置き、自らの経営の基本精神に基づき患者さんを中心に考えるというバリュー(価値観)を根幹とする、グローバルな研究開発型のバイオ医薬品のリーディングカンパニーです。武田薬品のミッションは、優れた医薬品の創出を通じて人々の健康と医療の未来に貢献することです。研究開発においては、オンコロジー(がん)、希少疾患、ニューロサイエンス(神経精神疾患)、消化器系疾患の4つの疾患領域に重点的に取り組むとともに、血漿分画製剤およびワクチンにも注力しています。武田薬品は、研究開発能力の強化ならびにパートナーシップを推し進め、強固かつ多様なモダリティ(創薬手法)のパイプラインを構築することにより、革新的な医薬品を開発し、人々の人生を豊かにする新たな治療選択肢をお届けします。武田薬品は、約80カ国で、医療関係者の皆さんとともに、患者さんの生活の質の向上に貢献できるよう活動しています。

詳細情報についてはhttps://www.takeda.comをご覧ください。

アクセンチュアについて

アクセンチュアは世界一流のプロフェッショナルサービス企業として、戦略とコンサルティング、インタラクティブ、技術、運用の多様なサービスを提供しており、これらサービスのすべてでデジタル機能を活用しています。当社は40超の業界における比類のない経験と専門能力を兼備しており、これらを世界最大の先進技術・インテリジェントオペレーションセンターネットワークの力で支えています。アクセンチュアは、120カ国以上で50万6000人の従業員がクライアントにサービスを提供しており、継続的な革新をもたらすことで、クライアントが自社の業績を向上させ、社を挙げての持続的な価値を創出できるよう支援しています。

武田薬品の将来に関する見通し情報

本プレスリース及び本プレスリリースに関して配布された資料には、武田薬品の見積もり、予測、目標及び計画を含む当社の将来の事業、将来のポジション及び業績に関する将来見通し情報、理念又は見解が含まれています。将来見通し情報は、「目標にする(targets)」、「計画する(plans)」、「信じる(believes)」、「望む(hopes)」、「継続する(continues)」、「期待する(expects)」、「めざす(aims)」、「意図する(intends)」、「保証する(ensures)」、「だろう(will)」、「かもしれない(may)」、「すべきであろう(should)」、「であろう(would)」「することができた(could)」、「予想されるanticipates)」、「見込む(estimates)」、「予想する(projects)」などの用語、同様の表現、それらの否定表現を含むことが多いですが、それに限られるものではございません。かかる将来見通し情報は、多くの重要な要因に関する仮定に基づいており、これらの要因は実際の結果が将来見通し情報で明示ないし暗示された内容と著しく異なる場合の原因になり得るものです。これらの要因には、日本と米国の一般的な経済条件を含む当社の世界的な事業を取り巻く経済状況、競合製品の出現と開発、関連法規の変更、製品開発計画の成功または失敗、規制当局による判断とその時期、金利及び通貨為替レートの変動、市場で販売された製品または製品の安全性または有効性に関するクレームまたは懸念等、新型コロナウイルスの世界的流行病のような健康危機が武田薬品ならびにその顧客およびサプライヤー(武田薬品が営業する国々における外国政府を含む)に及ぼす影響や当社事業のその他の面に及ぼす影響、買収対象企業とのPMI(買収後の統合活動)の時期及び影響、武田薬品の事業にとっての非コア資産を売却する能力及びかかる資産売却のタイミング、武田薬品が米国証券取引委員会に提出したForm 20-Fによる最新の年次報告書及び他の報告書(https://www.takeda.com/investors/reports/sec-filings/又はwww.sec.govにおいて閲覧可能)で指摘したその他の要因が含まれますが、これらに限られません。武田薬品は、法律ないし証券取引所規則で要求される場合を除き、本プレスリリースに含まれる、または当社が提示するいかなる将来見通し情報を更新する義務を負うものではありません。過去の実績は将来の経営結果の指針とはならず、また、本プレスリリースにおける武田薬品の経営結果ないし記述は武田薬品の将来の経営結果を示すものではなく、また、その予測、予想、保証、見積もりではありません。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Media:
Takeda
Holly Campbell
holly.campbell@takeda.com
+1 617-588-9013

Accenture
Lara Wozniak
lara.wozniak@accenture.com
+1 858-252-8208

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)

Fatal error: Call to undefined function st_the_tags() in /home/sites/heteml/users/y/a/k/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single-000006.php on line 91