医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2012年6月29日 (金)
 RSS

ニューヨーク発--(BUSINESS WIRE)--タフツ大学医学部医薬品開発研究センター(CSDD)の研究者が実施主体となり、メディデータ・ソリューションズ(NASDAQ: MDSO)がスポンサーを務めた新調査により、被験者に投与する手順の25パーセントから収集した臨床データは不要な可能性があり、そのコストが臨床試験全体で年間30~50億ドルに上ることが分かりました。 臨床試験実施の複雑性・コスト・難易度が高まっている中で、ライフサイエンス企業はコストを削減し、研究開発効率を安全に改善する機会を見極める必要に迫られており、その傾向は一層強まっています。プロトコールにおいて中核的でないと見なされた手順は、製薬企業が臨床試験を合理化して治験予算を大幅に削減するための機会となり得ます。 ドラッグ・インフォメーション・アソシエーション(以下DIA)年次会議で主任研究者のKen Getz氏が本日発表した本調査は8カ月間にわたって行われ、あらゆる規模の国際的なスポンサー(治験依頼者)15社から収集したデータを基礎データとしました。参加企業とGetz氏のチームは、調査研究向けにカスタマイズしたMe

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)