医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2013年1月18日 (金)
 RSS

米マサチューセッツ州マンスフィールド--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- ヘルスケア製品世界的大手のコヴィディエン(NYSE:COV)は本日、DEFINITIVE AR(Anti-Restenosis、抗再狭窄)試験の患者組み入れを完了したと発表しました。このランダム化パイロット試験はDEFINITIVE試験シリーズの3件目として、再狭窄(治療後に血管が再び狭まること)の予防という課題に取り組むようデザインされたものです。再狭窄は末梢動脈疾患(PAD)患者で一般的に発生する事象です。 アメリカ心臓協会によれば、米国で約800万人がPADを患っています1。PADは全身の血管に影響を与えます。血管がプラークで詰まると、血流は遅くなるか停止します。例えば、脚または足でPADを治療せずに放置した場合、歩行時の重度の疼痛、壊疽、ひどい場合には肢切断をもたらすことがあります。 DEFINITIVE AR試験は罹患血管を治療するための併用療法の効果を評価するようにデザインされています。その併用療法とは、最初に方向性アテローム切除術によりプラークを除去し、続いて抗増殖薬を放出

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)

Fatal error: Call to undefined function st_the_tags() in /home/sites/heteml/users/y/a/k/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single-000006.php on line 91