医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2013年5月2日 (木)
 RSS

英ガトウィック--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ)-- プロテアーゼ活性上昇(EPA)と皮膚移植失敗の相関関係を初めて証明した研究が最近完了し、2013年5月に欧州創傷管理学会(EWMA)会議で結果が発表される予定です。発表者は今回の試験で治験責任医師を務め、論文を執筆した仏ナント大学病院形成再建・整容外科部長のFranck Duteille教授(MD)です。EPAの有無は、世界初のポイントオブケア創傷診断検査製品WOUNDCHEK™ Protease Statusを使用して判定しました。 自家移植片とヒト皮膚等価物のいずれについても、EPAが皮膚移植片の生着に悪影響をもたらすと臨床医らは久しく疑ってきました。そのことは、この問題に関して最近発表されたコンセンサスペーパーに表れています。「EPAは移植失敗の一因である可能性が示されているため、手術の成功率向上を目的に、皮膚移植に先立ち、ポイントオブケアのプロテアーゼ活性検査を利用できるかもしれません。」1 シスタジェニックス社がスポンサーとなり、Dr. Severin Läuchliが議長を務めるシンポジウムで、Du

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)

Fatal error: Call to undefined function st_the_tags() in /home/sites/heteml/users/y/a/k/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single-000006.php on line 91