医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2013年7月25日 (木)
 RSS

パリ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 世界各国から代表者400人が7月10~12日にパリで開催された第5回WINシンポジウムに参加しました。今年の全体的テーマは「がん個別化治療:イノベーションから実践へ(Personalized Cancer Medicine: From Innovation to Implementation)」でした。30人の専門家が学界や製薬・診断・バイオインフォマティクスの各企業、規制当局から参集し、ゲノミクスやプロテオミクスの新技術、新たな標的治療薬が個々のがん患者の治療に与える影響について、またがん個別化治療を革新的な臨床試験と日常診療に導入して実践するためのハードルについて、自身の見解を表明し、それらをめぐって議論を展開しました。 個々の患者の腫瘍は通常、異常遺伝子とその遺伝子産物の組み合わせで引き起こされており、多くの場合で遺伝子の突然変異ないし遺伝子の再構成が関与しています。腫瘍ドライバーの組み合わせは多くの場合、同じ組織構造の腫瘍を持つ患者同士の間で異なり、同じ患者でさえも異なる時点において違います。幾人かの発表者が、

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)

Fatal error: Call to undefined function st_the_tags() in /home/sites/heteml/users/y/a/k/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single-000006.php on line 91