医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2011年7月29日 (金)
 RSS

独ビュルツブルク--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- ビュルツブルク大学病院の第1内科と放射線研究所は、MRI(磁気共鳴画像法)と合わせて使用できる独自の先進的なアブレーション用カテーテルを使用して心房粗動患者の治療に成功したと、共同発表しました。 執刀したのは、この先進技術の研究開発に携わった3人の心臓専門医、Oliver Ritter教授(Dr. med.)、Peter Nordbeck博士(Dr. med.)、Wolfgang Rudolf Bauer教授(Dr. med. Dr. rer. nat.)と、放射線専門医のMeinrad Beer教授(Dr. med.)です。放射線研究所医学物理学科のHerbert Köstler教授(Dr. rer. nat.)、Thomas Pabst博士(Dr. rer. nat.)との密接な協力の下で開発した最適化MR画像法は、患者の鼓動している心臓内に据えたカテーテルの可視化を高い時間分解能で可能とするものです。 Bauer教授が「この画期的な新技術は、電気生理学の分野におけるパラダイムチェンジを意味します」と述

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)

Fatal error: Call to undefined function st_the_tags() in /home/sites/heteml/users/y/a/k/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single-000006.php on line 91