医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2018年6月20日 (水)
 RSS

ホノルル--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- キラウエア火山の噴火が継続して地域社会全体を呑み込む中、ハワイ島の住民数千人が家を失って困っています。噴火は5月3日に始まり、数百の建物を壊して土地を大規模に呑み込んでいます。溶岩は太平洋に達し、活発な亀裂は20箇所以上にあり、ハワイ島プナ地区の住民の生活は依然として不安定です。


HCFのMicah Kane最高経営責任者(CEO)兼社長は、次のように述べています。「火山が噴火を続ける中で、ハワイ島の状況は日々変化しています。非営利団体は、食料、住宅支援、物資、洗濯などの差し迫ったニーズへの対応を行っています。しかし、今回の危機は収束の兆しが見えず、完全な復興には数年かかるでしょう。」

ハワイ州の有力な慈善団体のハワイ・コミュニティ財団(HCF)は、キラウエア火山の噴火で被災した地域社会を支える復興活動を支援すべく、アンダーソン・ベック基金、ジャック基金、デビアンツ・フロム・ザ・ノーム基金、ダリン&ダリエン・ジー・ファミリー基金と共にハワイ島火山復興基金を設立しました。

すべての寄付が最大の効果を達成できるよう、HCFは最初の90日間、ハワイ島火山復興基金の管理手数料を免除します。ハワイ島を拠点とするHCFのチームは、政府・地域社会のリーダーや非営利団体と協議して、どこに慈善資金を投じれば最大の効果を発揮できるかを評価すべく積極的に取り組んでいます。

この基金は、避難を余儀なくされた住民への支援を含め、火山噴火で被災した地域社会を支援する地方組織に助成金を提供します。これには、事例管理、食料・物資の提供、コインランドリー利用券などを提供するための助成金が含まれます。

支援に関心のある方は、オンラインHawaiiCommunityFoundation.org/volcanorecovery)または郵便(Hawaii Community Foundation, 827 Fort Street Mall, Honolulu, HI, 96813)でハワイ島火山復興基金に寄付できます。

加えて、AT&Tは、キラウエア火山の噴火で被災した人々を支援するテキスト寄付キャンペーンを開始しました。AT&Tの米国の顧客は、50555「VOLCANO」というテキスト・メッセージを送信することで、テキスト寄付キャンペーンを通じてHCFに10ドルを寄付できます。すべての収益金は、ハワイ島の復興活動に直接送られます。

100年以上にわたり地域社会に奉仕しているハワイ・コミュニティ財団(HCF)は、ハワイ州の有力な慈善団体です。HCFは、生活の変革と地域社会の向上を望む献金者が創設した250個以上の奨学金を含め、850個以上の基金を管理しています。2017年に、HCFは600万ドル以上の奨学金を含め、州全体で5900万ドル以上の助成金と契約を提供しました。HCFは、非営利分野で地域社会の課題や動向の情報源の役割も果たしています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Hawaii Community Foundation
Catherine Howland
808-566-5569 (Office)
808-260-5001 (Mobile)
chowland@hcf-hawaii.org

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)