医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2018年10月20日 (土)
 RSS

Patient Hubアプリは安全で自動化された患者エンゲージメントプラットフォームにより急性期後プロバイダーのリーチを拡大

アトランタ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 急性期後医療を担う企業が業績と患者治療成績を改善するのに役立つクラウドベースソフトウエアを提供する一流企業のBrightree®は本日、患者経験を個別化して在宅医療機器(HME)プロバイダーの収益を増やす新しいアプリPatient Hubのリリースをメドトレードにて発表しました。


Patient Hubは、HMEプロバイダーが患者と連絡を取る方法を自動化・簡素化するための患者エンゲージメントアプリです。本アプリは複数のウェブポータルを必要とせず、患者とのやり取りのすべてを単一の安全なプラットフォームに統合します。Patient Hubはエンゲージメントの容易性と自動化を改善することで、ケアを強化し、資源を解放し、キャッシュフローの回転を速める機会を創出します。

Patient Hubアプリは、HMEプロバイダーが予約リマインダー通知や保険更新請求の送信、注文の状況や追跡の最新情報の提供など、単純な反復プロセスを自動化できるようにします。同様に患者もアカウント情報の更新、消耗品の再注文、支払いなどのタスクを開始して完了することができます。また患者は各自のスマートデバイスを使用して、自分の健康保険証や発注したいアイテムの写真を撮ってアップロードしたり、壊れた装置を修理するようHMEプロバイダーに連絡したりできます。これらのやり取りは完全にBrightree側でまとめられます。

クリーブランドのMedical Service Companyでビジネスアナリティクス担当マネジャーを務めるSeth Weinstein氏は、次のように述べています。当社はPatient Hubアプリを使用することで、保険関連却下の情報について、作業待ちに分類され何日も手をつけられないというのでなく、患者にそのアラートを送れることは非常に素晴らしいと思います。当社は患者への連絡を自動化することで、患者自身がプロセスに容易に参加できるようにしています。また問題を容易に解決でき、その日のうちに解決できる可能性もあるため、有益なキャッシュフローの回転がさらに速くなることを確認できます。」

Brightree製品管理担当バイスプレジデントのスティーブ・ロジャースは、次のように述べています。「この新しいソリューションにより、当社の顧客は患者の参加を促進する新たな個別化手法で患者と連絡を取ることができます。」

詳細情報の確認とデモの依頼については、メドトレードのBrightreeブース(2108番)にお越しいただくか、www.brightree.com/patienthubをご覧いただくか、1.888.598.7797番までお電話ください。

Brightreeについて

ResMed(NYSE: RMD)(ASX: RMD)完全子会社のBrightree LLCは、急性期後医療を担う企業が臨床成績および業績を改善するためのクラウドベースソフトウエアを提供する一流企業です。米国のヘルスケアIT企業としてトップ100内にランクインしているBrightreeは、HME、在宅医療、ホスピス、矯正装置・人工装具、HME薬局、在宅点滴、在宅リハビリテーションの各分野の2500組織以上にサービスを提供しています。詳細情報についてはwww.brightree.comをご覧いただくか1.888.598.7797番までお電話ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Brightree
Mary York, 678.781.7217
mary@williammills.com
or
Alena Roberts, 678.781.7232
alena@williammills.com

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)