医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2019年3月15日 (金)
 RSS

ニューヨーク--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- BCW(バーソン・コーン&ウルフ)は本日、当社が顧客のベーリンガーインゲルハイムのために開発したAI(人工知能)チャットボットに関し、ビジネス・インテリジェンス・グループの人工知能エクセレンス賞プログラムの賞を獲得したと発表しました。このAIチャットボットは製薬会社が投入した世界的患者教育向けAIチャットボットとして始めてのものです。BCWとベーリンガーインゲルハイムは、「Limited Memory, Product or Service(大企業)」のカテゴリーで表彰されました。


フェイスブック用チャットボットであるTabathaは、当社の世界的な喘息啓発キャンペーン「Think. Act. Breathe(考え、行動し、呼吸する)」の一環として開発したもので、喘息が日常生活に及ぼす影響について人々がプライベートな環境で理解できるようにしています。AIを駆使するTabathaは、喘息持ちの人が自分で症状を確認し、その危険性について学び、医者に診てもらうための準備ができるように設計されています。タバサは初の疾患啓発ツールであり、情報について人々がどの程度詳しく知ろうとしているのかを評価できるのみならず、その人が何らかの行動を取り、医者に診てもらおうとしているのかどうかも判断することができます。

BCWのチャド・ラッツ最高革新責任者(CIO)は、次のように語っています。「AIは、顧客が対象者と1対1でやり取りできるようにする教育・情報提供キャンペーンのための素晴らしく強力な手法を実現できます。製薬分野では、AIと感情的知性を重層的に組み合わせることで大きな影響力を発揮し、病気に対する意識を向上させ、決定的に重要な情報をリアルタイムで高度に個別化された方法で提供できるようになります。ビジネス・インテリジェンス・グループにより、このように素晴らしい賞で認められたことは、当社にとって喜びです。」

ビジネス・インテリジェンス・グループについて

ビジネス・インテリジェンス・グループは、ビジネスの世界における真の才能と優れた業績の評価を目的として設立されました。他の業界賞プログラムとは異なり、これらのプログラムは経験と知識を持った事業経営者らにより審査されます。当グループ専有の独自の評点システムは、さまざまな事業分野での業績を選択的に評価したのち、同業他社よりも優れた業績を達成した企業に賞を授与します。www.bintelligence.com

BCWについて

BCWは世界最大のフルサービス・グローバル・コミュニケーション代理店の1社です。バーソン・マーステラとコーン&ウルフの合併によって設立されたBCWは、アーンド・メディアに根ざしたデジタル主導かつデータ主導のクリエイティブ・コンテンツと統合コミュニケーションプログラムを提供し、B2B、消費者、企業、危機管理、CSR、ヘルスケア、公共問題、技術分野の顧客を対象に、全チャネルで大規模に展開しています。BCWは、クリエイティブな変革企業であるWPP(NYSE:WPP)傘下の企業です。詳細については、www.bcw-global.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Catherine.Sullivan@bcw-global.com
212.798.9501

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)

Fatal error: Call to undefined function st_the_tags() in /home/sites/heteml/users/y/a/k/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single-000006.php on line 91