医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2020年10月8日 (木)
 RSS

航空業界が信頼を再構築して回復するためには、コミュニケーション、安全、予防対策を継続的に優先することが必要

ロンドン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 旅行関連のデータと知見の提供で世界をリードするOAGは本日、同社の旅行アプリ「flightview」の4000人を超えるユーザーに対して世界的に行った調査に基づき、旅行者の信頼に関する新しい報告書「COVID-19からの回復:乗客を再び乗せる」を発表しました。


飛行機内でCOVID-19に感染することへの不安は全体的に希薄であり、ほとんどの消費者は航空旅行に対してオープンです。主な調査結果は以下の通りです:

  • 全体の69%が今後6カ月以内に国際便を利用する予定があり、全体の79%が国内での航空旅行を予定しています。
  • 他の世代と比較して、ミレニアル世代およびジェネレーションZ世代は旅行に対して熱心な傾向を示しています。この両世代は旅行の際に調整を行う傾向が他の世代と比べて低く、国際旅行よりも国内旅行への意欲が高い傾向があります。
  • 約3分の1はこれまでに旅行の習慣の変化は無く、今後も変えるつもりは無いと回答しました。
  • 旅行者の76%は、航空会社および空港が実施し得る最も効果的な安全対策について、マスク着用の義務付け、続いてクリーニング処理の向上であるという意見に賛同しました。

OAGの主任アナリストのジョン・グラントは、次のように述べています。「ほとんどの消費者、特に若い旅行者は、条件が整ってさえいれば飛行機を利用する準備はできています。不安の欠如はまったく驚くべきことであり、市場が回復する良い前兆です。もちろん、完全に回復するかどうかは、私たちがいかにうまく世界規模でパンデミックと闘い、渡航制限がいつ安全に解除されるかに左右されます。」

消費者の半分以上が、旅行中にCOVID-19に感染することへの懸念は10点中5点以下であると回答し、21%は不安は無いと回答しました。しかし、リアルタイムでの情報共有(空港到着以前の段階も含む)が旅行者の信頼構築に不可欠であることもOAGは見いだしました。例えば、検索と予約の過程でほとんどの消費者が重要視すると回答した情報は、フライトおよびホテルのキャパシティーに関するリアルタイムの更新と予測(61%)、そして予定している旅行先でのCOVID-19の感染率(53%)でした。

この調査の知見に関する詳細については、報告書の全文をご覧ください

渡航制限および渡航書類要件の変更に関する最新情報についてはflightview.com/traveltools/visas.aspをご覧ください。

OAGについて

旅行データの提供で世界をリードするOAGは、1929年より飛行機旅行エコシステムの成長とイノベーションを推進してきました。

英国に本拠地を置き、米国、シンガポール、日本、リトアニア、中国で世界的に事業を運営しています。

詳細については、www.oag.comをご覧になり、ツイッターで @OAG Aviation をフォローしてください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Media Contact:
Katy Ludwell
pressoffice@oag.com

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)

Fatal error: Call to undefined function st_the_tags() in /home/sites/heteml/users/y/a/k/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single-000006.php on line 91