医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2012年9月14日 (金)
 RSS

東京--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 血管の閉塞ないし破裂による脳組織の破壊をもたらす脳卒中は、世界の中で死亡と恒久的障害を引き起こす主因の1つです。脳卒中はまた、アジア諸国では一般的な問題で、心臓発作に次ぐ死因となっています。予備的研究によれば、アジア諸国における脳卒中の主要な危険因子は、未診断ないし未治療の高血圧、血糖値の異常な上昇(糖尿病)、喫煙およびコレステロール値の上昇が占めています。最近の情報から、これら脳卒中の危険因子が同時に、高齢者において記憶障害を引き起こし、アルツハイマー病に罹りやすくすることが示されています。 アジア数カ国における脳卒中管理について、その前進に関する議論と経験交流を目的に、初のアジア太平洋脳卒中シンポジウムが2012年9月13日に東京・新宿のヒルトンホテルで開催されました。本シンポジウムはフェレール・グループ(スペイン・ベルセロナ)の後援で、アジア太平洋脳卒中会議(東京、9月10~12日)の枠組みで実施されたものです。インド・フィリピン・韓国・ベトナム・タイ・ミャンマーの著名な演者・医師が、アジア諸国ではこのクラスで初

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)

Fatal error: Call to undefined function st_the_tags() in /home/sites/heteml/users/y/a/k/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single-000006.php on line 91