医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2012年12月6日 (木)
 RSS

サンアントニオ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- キネティック・コンセプツは本日、The Journal of Thoracic and Cardiovascular Surgery誌に掲載された新しい論文により、胸骨切開術を受けた肥満患者において、閉鎖切開に対して術後最初の6~7日間にPrevena™切開管理システムを使用すると、従来の創傷被覆と比較して感染率が有意に抑制されることが証明されたと発表しました。胸骨切開術後の不十分な治癒と感染症は肥満患者にとって重要な問題で、重篤疾患および死亡のリスク増加をもたらします。入院期間とフォローアップの長期化も医療費を増大させる可能性があります。 ベルリンドイツ心臓病センターの上級医であるOnnen Grauhan教授は、次のように述べています。「この研究はPrevena™システムの使用が、肥満患者における胸骨正中切開術後の感染率を統計的に有意に抑制することを示しました。心臓手術後の手術部位感染の予防は、インターベンションよりはるかにコスト効率が高く、閉鎖切開に対する陰圧技術の適用は、この高リスクの患者集団における

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)

Fatal error: Call to undefined function st_the_tags() in /home/sites/heteml/users/y/a/k/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single-000006.php on line 91