医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2013年7月19日 (金)
 RSS

ヒューストン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- ヒト皮膚線維芽細胞を使用した自己細胞による椎間板髄核再生に傾注する脊椎技術企業のSpinalCyte, LLCは本日、ヒト皮膚線維芽細胞を使用した椎間板再生のための「生体バイオリアクターを利用した軟骨修復の方法および組成物」の特許出願に対し、日本の特許庁が特許証を交付したと発表しました。承認された請求項には、インビボにおいて椎間板髄核を再生する目的で、患者自身の体から得た皮膚線維芽細胞を使用することが含まれます。 髄核はゼラチン状の物質で、脊柱でクッションまたは衝撃吸収剤の役割を担っています。圧縮荷重を受けた個々の椎間板内で、体液圧をすべての方向に分散する機能を果たします。髄核は軟骨細胞、コラーゲン原繊維、プロテオグリカンの一種アグレカンから構成されています。 Pete O’Heeron最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「今回の交付は、当社の拡大を続ける特許ポートフォリオにまた重要な特許を追加することになり、SpinalCyteを椎間板再生分野の国際的リーダー企業として一層際立たせるものです。

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)

Fatal error: Call to undefined function st_the_tags() in /home/sites/heteml/users/y/a/k/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single-000006.php on line 91