医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2014年8月29日 (金)
 RSS

仏リヨン--(BUSINESS WIRE)--急性白血病および医療ニーズが満たされていないその他の腫瘍適応症を対象に革新的な「腫瘍飢餓化」治療薬の開発に当たっているフランスのバイオ製薬企業エリテック・ファーマ(Paris:ERYP)(Euronext Paris: FR0011471135 – ERYP)は、独立したデータ安全性モニタリング委員会(DSMB)が急性骨髄性白血病(AML)を検討するエリテックの第IIb相試験について、2回目の安全性評価を完了し、変更なしに試験を継続するよう全会一致で勧告したことを発表します。 GRASPA-ML試験は多施設無作為化対照第IIb相試験で、新規にAMLと診断され、集中化学療法が不適切な年齢65歳以上の患者の治療におけるGRASPA®の有効性と忍容性を評価するものです。患者123人を対象としたこの試験では、患者の3分の1は従来の標準治療法(低用量シタラビン)の投与を受け、3分の2は低用量シタラビンとGRASPA®の併用投与を受けます。試験は2013年3月に開始され、欧州38カ国でのGRASPA®の商業化につきエリテックと提携しているオーファン・

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)

Fatal error: Call to undefined function st_the_tags() in /home/sites/heteml/users/y/a/k/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single-000006.php on line 91