医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2010年1月28日 (木)
 RSS

 厚生労働省は1月27日、「医薬品・医療機器等安全性情報」を公表し、バイエル薬品の抗がん剤「ネクサバール錠」について、販売が開始された2008年4月から09年10月末までに因果関係が否定できない肝不全、肝性脳症の副作用報告が21例あったことを明らかにした。このうち7例で患者が死亡している。内訳は肝不全3例(死亡2例)、肝性脳症17例(同4例)、両方発症が1例(同1例)。

続きを読む…

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)