医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2014年11月12日 (水)
 RSS

仏リヨン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 急性白血病および医療ニーズが満たされていないその他の腫瘍適応症を対象に革新的な「腫瘍飢餓化」治療薬の開発に当たっているフランスのバイオ製薬企業エリテック(Paris:ERYP)(Euronext Paris: FR0011471135 - ERYP)は、2014年12月6~9日に米カリフォルニア州サンフランシスコで開催される第56回米国血液学会(ASH)年次大会で、治験用新薬利用範囲拡大プログラムにおけるGRASPA®の4件の症例研究のプレゼンテーションを行うと発表しました。 治験用新薬利用範囲拡大プログラム(#NCT02197650)は、第一選択治療または再発の治療を対象に、大腸菌由来およびエルウィニア菌由来の両アスパラギナーゼに対するアレルギー既往歴を持つため過敏症反応のリスクを有する急性リンパ芽性白血病(ALL)患者に対し、GRASPA®を利用できるようにしたものです。 本プログラムで得られた初の結果は、これら「二重のアレルギー」を持つ患者で過敏症反応が低減すると同時に、適切なアスパラギナーゼ活性が維持され

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)

Fatal error: Call to undefined function st_the_tags() in /home/sites/heteml/users/y/a/k/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single-000006.php on line 91