医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2010年11月1日 (月)
 RSS

スイス・ラッヘン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 世界最大レベルのヒトタンパク質製品メーカーであるオクタファルマは本日、初のヒト細胞株由来組み換え型第VIII因子(Human-cl rhFVIII)を使用して、重度の血友病Aと診断された患者の治療が開始されたと発表しました。研究者は、治療歴のある重度の血友病A患者について、Human-cl rhFVIIIの薬物動態、効果、安全性、免疫原性を調べているところです。 前向きランダム化実薬対照非盲検多施設共同の第2相臨床試験が、米国とドイツの研究センターにおいて、 “治療歴のある重度の血友病A患者における新開発のヒト細胞株由来組み換え型第VIII因子濃縮製剤の薬物動態、効果、安全性、免疫原性に関する臨床研究”という名称で実施中です。本試験は2010年春に開始され、患者組み入れが進行中です。詳細についてはwww.clinicaltrials.govをご覧ください。 Human-cl rhFVIIIはオクタファルマが開発した第4世代の組み換え型第VIII因子(rFVIII)濃縮製剤で、血友病A患者における出血エピソー

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)