医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2011年4月1日 (金)
 RSS

米カリフォルニア州アーバイン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ)-- 放射性廃棄物管理の革新的企業キュリオンは、福島第1原子力発電所の汚染水除去を支援するために、当社が特許出願中である独自のイオン特殊媒体(ISM)を100トン以上提供可能であると発表しました。キュリオンが現在のところ独占的に提供しているISM基材は、スリーマイル島(TMI)原子力発電所事故で発生した汚染水を首尾よく除去する際にも利用されました。TMIでは除去作業の後、ガラス固化(廃棄物安定化のための代表的手法)することで基材の容量を減らして永久的に固定化しました。キュリオンはTMI以降、コストと処理能力の観点から、基材の性能とガラス固化の最先端技術をさらに飛躍的に強化しています。 キュリオンが開発したこの媒体は、人間の健康と環境を脅かす放射性同位体(原子)を水溶液から除去するためのもので、こうした放射性同位体には核分裂副産物(プルトニウム、アメリシウム等)、燃料破損を示す物質(セシウム、ストロンチウム、テクネチウム等)、廃水放出促進因子(effluent release driver)(ニッケル、ヨ

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)