医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2012年1月26日 (木)
 RSS

マイアミ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- ヘルスケア製品世界的大手のコヴィディエン(NYSE: COV)は本日、浅大腿動脈ステント術へのEverFlex™ステントの使用について、1年間の治験結果を国際血管内治療会議(ISET)で発表したことをお知らせします。 発表は、共同全国主任治験責任医師のジョン・マツムラ医学博士(ウィスコンシン大学マディソン校医学・公衆衛生学部血管外科)が行いました。「DURABILITY II」という名称のこの治験には、米国と欧州の44カ所の施設で287人の患者が参加しました。この治験では、最長20 cmの単一自己拡張型ステントの安全性と有効性を評価し、浅大腿動脈や浅大腿および近位膝窩動脈のアテローム動脈硬化性患者を対象としました。 一般的な血管疾患の1つである末梢動脈疾患(PAD)は、脚部の動脈の狭窄やプラークによる閉塞によって起こります。このような閉塞は強い痛みを伴い、動作を制限し、難治性脚部潰瘍を引き起こすことがあります。アメリカ心臓協会によれば、米国内で約1000万人がPADに罹患しています。 DURABILITY IIには

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)

Fatal error: Call to undefined function st_the_tags() in /home/sites/heteml/users/y/a/k/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single-000006.php on line 91