医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2012年2月16日 (木)
 RSS

ST. PAUL,Minn.--(BUSINESS WIRE)--セント・ジュード・メディカル(米国、ミネソタ州、以下「同社」)は、多枝病変を有する冠動脈疾患の患者様に対し、冠血流予備量比(FFR)測定を利用して治療を行うことによって高まる費用対効果について、日本、中国、オーストラリア、インド、および韓国での評価を開始すると発表しました。この分析では、FFRを指標とした多枝冠動脈疾患の治療が各国の保健や財政に与える潜在的な影響を評価するとともに、アジア各国数十億人の健康、福祉、および生活の質を向上させるための同社のコミットメントを示すものです。 プレッシャワイヤを使用し、FFRを測定することで、冠動脈の狭窄の重症度を知ることができます。この生理学的指標により、医師は患者様の心筋虚血(血流が阻害され心臓に十分な血液が送られなくなる)の原因となっている病変部を特定しやすくなります。 詳細な分析は、画期的なFAME臨床試験(Fractional Flow Reserve vs. Angiography in Multivessel Evaluation)、経皮的冠動脈インターベンション(PC

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)

Fatal error: Call to undefined function st_the_tags() in /home/sites/heteml/users/y/a/k/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single-000006.php on line 91